やってはいけないヒゲの剃り方

女性,ひげ,剃り方

入浴中にゆっくりとひげ剃りをしようと考えている人もいますが、実はあまりいい場所とは言えません。

 

カミソリを滑らせてしまいケガの原因になるということもあれば、お風呂自体が環境的に雑菌が繁殖しやすいというのがあります。
また、熱いお湯でシェービングクリームなどを洗い流すと肌荒れの原因になりかねません。

 

こうしたことは男性がよくやりますが、男性でも肌荒れなどになりやすく、
まして肌の弱い女性であればこうした行為は肌を傷つけかねません。

 

入浴中にではなく、入浴後にひげ剃りをすることをおすすめします。

 

入浴後であれば肌なども洗われ、きれいな状態になっており、肌も全体的に水分を含んでおり、シェービング剤を塗ってきれいに剃ることができるようになります。
女性の場合はシェービング剤がなくても、実はハンドクリームや乳液で代用するということもでき、それで肌を守りながら、カミソリで剃っていくことが可能です。

 

特に女性の場合はあまり剃りなれていないため、座りながらゆっくりひげ剃りを行うという人がいてもおかしくありません。
そのため、お風呂でゆっくりと行おうとする人が多いのが現状です。

 

うっかり手を滑らせる可能性が非常に高いため、それによって肌を傷つけるということになれば最悪な結果を生むので注意が必要です。
できれば朝にやっておきたいところですが、ゆっくりやりたいという時には入浴後に行うのがおすすめとなります。

 

逆剃り・クリームなしでのひげ剃りは厳禁

逆剃りは毛の向きとは逆側から剃り始める行為であり、毛の向きと同じ流れで剃り始めるのを順剃りと言います。

 

この逆剃りをいきなり行うことでカミソリが毛に絡んで肌を引っ張り、そこが削れて傷になったり肌荒れの原因になったりしてしまいます。
一方、シェービングクリームをつけずにいきなり剃り始めるというのもあまりいい行為とは言えません。
髭剃り自体が結構なダメージとなっており、何もつけないとそのダメージをさらに助長することになります。

 

逆剃りによるカミソリ負けを防ぐためには、先に順剃りを行うことが大事です。
いきなり逆側からやると毛が伸びているため引っ張られやすく、その分、力が加わりやすく、それで傷になってしまう恐れがあります。

 

順剃りから始めればその時点で毛はある程度剃られ、逆側から始めるときにはさほど毛がない中で剃るため、引っ張られたとしてもそこまでの強さにはなりません。
仕上がりもさっぱりしやすいことからもおすすめです。

 

シェービングクリームがないと肌を傷つけ、肌荒れの原因になってしまいます。
最近は肌を守るローションのようなものや昔ながらの泡のシェービングクリームなど多岐にわたっています。

 

自分が使いやすいものを使用するというのが一番ですが、まずは刺激の少ないものを試してみて、しっくりくるかを確認することが大事です。
刺激が少ないものは肌を守るだけでなく、肌荒れを防いでくれるため、女性にとっての味方になってくれます。

 

女性の正しいヒゲの剃り方

女性の場合、入浴後に髭剃りを行うのが一番無難ですが、その際の手順として、まずはお風呂で汚れをきれいに落としてから始めるというのが大前提です。
その後、顔にシェービングクリームを塗り、毛の流れに沿って髭剃りを行っていき、そのあとに逆剃りを行って髭がきれいさっぱり剃られている状態にします。

 

多くの人はこれで終わりにしようとしがちですが、これだとまだ肌のダメージが残っている可能性があるため、剃ったあとのケア、いわゆるアフターケアが必要になります。

 

アフターケアのやり方として、まず行うのが保湿です。
保湿に関しては髭剃りだから特別なことをする必要はなく、普段のスキンケアでやっているようなことをやればそれで問題ありません。

 

もちろん髭剃り用のものも市販されていますが、それをいきなり使用するのは注意が必要です。
髭剃り後は肌が多少弱っており、予期せぬ肌荒れが発生することも考えられるためです。
無添加の乳液などを使ってケアをしていくことが必要です。

 

男性の場合、アフターケアに時間をかける人というのは多くありませんが、男性でも肌の弱い人はいるため、髭剃りに細心の注意を払う人もいます。
その人向けの商品を女性が使うというのも悪くはありませんが、それでも男性と女性の違いがあるため、
手などになじませて何もなさそうであれば使うなど、少し注意しましょう。

 

これらのことを守って行えば、慣れていけば時間もかけずにできるようになりますよ♪

 

女性用のスキンケアクリーム【ノイス】