女性ホルモンの種類と働きについて知ろう!

女性,ひげ,女性ホルモン

女性のヒゲが濃くなるのは、女性ホルモンの減少によるホルモンバランスの乱れが原因であることが多いです。
ホルモンバランスを整えることがヒゲの根本的な解決法になりますが、そもそも女性ホルモンとは何でしょうか?

 

ここでは、代表的な女性ホルモンであるエストロゲンプロゲステロンについてご紹介します。

 

エストロゲンの働き

女性ホルモンであるエストロゲンには、女性にとって重要な存在です。

 

さまざまな作用をもたらすので、美容に興味がある女性を中心として関心が高まっています。
妊娠の用意を促進するのが本来の役割で、子宮の厚みを増やす作用や卵胞を成長させる作用があります。

 

また熱を放出しやすくする働きもあるため、排卵日の前に体温が低下しやすくなります。
このように女性に限定した役割がありますが、その影響によって女性らしい体つきをつくるメリットも得られます。

 

エストロゲンが多くなると肌がきれいになって、ムダ毛の発育を抑える効果も実感できることが多いです。

 

さらにそのような表面的な変化だけでなく、骨の強度を上げることも知られています。
エストロゲンはカルシウムが体内に吸収されるのをうながすので、それを用いた骨の生成が活発になるのです。

 

また自律神経を整える役割があることも有名です。
女性は更年期になると、発汗しやすくなるなどの悪影響が体に出やすくなります。
それには加齢によってエストロゲンが減少したことが影響しています。

 

そのような症状が多く見られた場合は、大豆イソフラボンなどを摂取して、エストロゲンの代わりになる栄養を摂取することが大切です。

 

女性,ひげ,女性ホルモン

プロゲステロンの働き

プロゲステロンもエストロゲンと同様に、女性の妊娠を支援する働きがある女性ホルモンです。

 

授乳の準備を進めるため、乳腺を発育させるのに欠かせません。
子宮の周辺の血行を良くすることも重要な役割です。
血流が盛んになることで栄養が子宮にたくさん届くようになります。
これによって子宮が健全な状態を保ちやすくなるメリットが得られます。

 

正常な妊娠をうながすための働きとして、最も分かりやすいのは体温を上げる作用です。
つまり受精に適した時期になると、基礎体温が上がるのはプロゲステロンの影響です。
基礎体温が上がると精子が着床しやすくなります。

 

さらに妊娠している状態を安全に存続させるために、体を守る働きが多いことも特徴といえます。
たとえば、おりもので女性器を守る作用もその一つです。
女性器は非常にデリケートで出産に欠かせない部位であるため、この作用は非常に重要であると考えられます。

 

皮脂を分泌して肌を守る働きもするなど、とても頼りになる女性ホルモンといえるでしょう。
血糖値を適正に近づける作用もあるなど、プロゲステロンによる恩恵は多いです。

 

しかし分泌が増える時期になると、メンタルが不安定になるケースもあるので注意が必要です。