ノイスはひげ・産毛に効果あるの!?

女性,ひげ,ノイス

顔専用の除毛クリームである『ノイス』は、普通の除毛クリームとはちょっと違います。

 

一般的な除毛クリームの主成分は、チオグリコール酸カルシウムという成分。

 

この成分は強アルカリ性で、タンパク質を分解する働きがあります。

 

チオグリコール酸カルシウムによって、毛のタンパク質を分解して溶かしてしまうのが、一般的な除毛クリームの原理。
除毛クリーム特有のツーンとした臭いは、パーマ液に似ていると思いますが、実はパーマ液にもチオグリコール酸カルシウムが配合されています。

 

髪の毛のタンパク質を溶かして変形させることで、パーマをかけているんです。

 

パーマくらいなら平気ですが、毛自体を溶かして除去してしまうとなると、かなり強力な成分が必要です。
毛のタンパク質を溶かすということは、肌のタンパク質も溶かしてしまいます。

 

このため、除毛クリームを使った後は肌荒れがしやすくなり、赤くなったりニキビなったりというトラブルもよく聞かれます。

 

また、顔の皮膚というのは体に比べて薄くデリケートなため、このような強力な薬剤は使用できません。
このため、ほとんどの除毛クリームは「顔には使用禁止」とされています。

 

女性,ひげ,ノイス

ノイスハ顔専用の除毛クリーム

一方で、毎日生えてくる顔の産毛、ヒゲに悩む女性は意外と多いんですよね。

 

「ムダ毛」といえばワキ毛やすね毛を連想しますが、顔のヒゲはワキ毛の100倍は目立ちます。

 

わずかな産毛であっても、ヒゲのように見えてしまうから困り物。
産毛が多いと顔全体がくすんで見えたり、化粧ノリも悪くなります。

 

顔の産毛処理にはシェービングするしかありませんが、前述の通り顔の皮膚は非常に薄くてデリケートなため、シェービングでも傷ついてしまいます。

 

何度もシェービングを繰り返す内に、皮膚のダメージが沈着して黒ずんできたり、オッサンのような青ヒゲになってしまったら目も当てられません。

 

そうした悩みに応えてくれるのが、顔専用の除毛クリームとして開発された『ノイス』です。

 

チオグリコール酸カルシウムを使わずに抑毛する

ノイスは「顔の産毛専用」として開発されているので、強力なチオグリコール酸カルシウムは使用していません。

 

あくまでも、顔の皮膚を守るための保湿成分をたっぷりと配合しています。

 

ノイスの成分でも重要なのが「パパイン酵素」

 

パパインの実から取れる酵素は、天然のタンパク質分解酵素として知られています。
よく酢豚にパイナップルが入っていますが、パイナップルにもパパイン酵素は多く含まれています。

 

パパイン酵素の力でタンパク質を分解し、肉を柔らかくして消化を良くしているのです。
酢豚のパイナップルにそんな効果があるって知ってましたか?

 

ノイスに配合されたパパイン酵素は、天然素材の緩やかな働きで、毛根の働きを弱めていきます。
もちろんチオグリコール酸カルシウムのような強力な効果はありません。

 

ですから、ワキ毛やすね毛などの比較的しっかりした毛には、あまり効果は感じられないでしょう。
しかし、顔の産毛程度の細い毛なら、それくらいの力でも十分処理出来るのです。

 

また、ノイスのもうひとつの重要成分がダイズエキス

 

大豆と言えばイソフラボンが有名で、このイソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをすることが出来ます。

 

そもそも女性なのにヒゲが生えてくる原因は、女性ホルモンの減少によるホルモンバランスの乱れですから、この元を断つのが一番の対策です。

 

毛根の部分には女性ホルモンの受容体(レセプター)があり、女性ホルモンが不足している時は、このレセプターが余っている状態。

 

ダイズエキスに含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと構造が似ているため、このレセプターに結合できるのです。

 

イソフラボンの女性ホルモンとしての働きによって、産毛の発達を抑えるのがノイスの効果です。

 

このように、ノイスは強力な薬剤を使用せず、天然素材の力で緩やかに産毛を処理していきます。

 

すでに産毛がかなり気になっている場合はシェービングが必要ですが、アフターシェーブクリームとしてもノイスは優秀です。

 

肌をしっかり保湿してダメージをケアし、毛根に浸透して再び生えてくるのを抑えてくれます。

 

顔に使える除毛クリームというのは今まで無かったので、ひげ・産毛に悩んでいる女性の方は、ぜひノイスを一度試してみて下さい。

 

▼▼詳しくは公式サイトで▼▼

女性用のスキンケアクリーム【ノイス】