女性にひげが生える原因は!?

女性,ひげ,クリーム

ヒゲが生えてきて悩んでいるという女性は意外と多いのです。

 

ヒゲは人目につきやすい箇所なので毎日のように剃ったり抜いたりなどの処理をしなければなりません。
面倒なだけではなく、ヒゲの処理をし続けることで肌荒れや乾燥や毛穴の炎症や埋もれ毛や色素沈着による黒ずみなどの厄介な肌トラブルの原因にもなってしまいます。

 

女性のヒゲにまつわる悩みは尽きません。
ヒゲが生えてしまっているという現実にショックを受けたりモチベーションや女子力が低下してしまうという問題も生じます。
物理的にも精神的にも悪影響を及ぼしてしまいますよね。

 

女性のヒゲの原因としては、ホルモンバランスの乱れにあります。
女性ホルモンが減少して男性ホルモンが増えることでホルモンバランスの乱れは生じます。

 

本来、女性ホルモンは女性らしさを保つものであり、男性ホルモンは男性らしさを保つものです。
ふたつは相容れない対極にあるものなんですね。

 

しかし、様々な原因により女性ホルモンが減少して男性ホルモンが増えてしまうことがあります。
そのことによりホルモンバランスが乱れると女性のヒゲにつながってしまうのです。

 

ですので、対策としてはホルモンバランスの乱れを整えるということが重要なポイントになります。

 

男性ホルモンが優位になる原因

女性なのに男性ホルモンが増えてしまう原因としては、
ストレス、疲労、睡眠不足、食生活の乱れによる栄養不足、運動不足、不規則な生活リズムなどがあります。

 

心当たりがあるという人も多いのではないでしょうか。

 

女性ホルモンの減少も男性ホルモンを増やす原因になってしまいます。
女性ホルモンが劣位になることで男性ホルモンが優位になります。
それがホルモンバランスの乱れに結び付いてしまい体毛が濃くなったりヒゲが生えたりしてしまいます。

 

体毛が濃くなったりヒゲが生えたりするだけではなく、更年期障害、月経前症候群、生理痛、生理不順などの症状の悪化にもつながります。
更年期障害は、閉経を迎える40〜50代の女性にみられるものです。

 

女性ホルモンの減少によりホルモンバランスや自律神経が乱れることで心と体に様々な悪影響が及びます。
ほてり、発汗、めまい、のぼせ、倦怠感、肩こり、腰痛、むくみ、肌荒れ、動悸、イライラなどの症状が代表的です。

 

月経前症候群は、排卵後に分泌される黄体ホルモンの影響でホルモンバランスが乱れることで生じてしまうものです。
生理が始まる1〜2週間前に症状が出始め、生理が始まると同時に治まります。

 

心と体に不調があらわれてし、つらい生理痛や生理不順もホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。

 

このように、ホルモンバランスの乱れは女性の身体に様々な悪影響を及ぼしますので、女性ホルモンを増やしてバランスを整えることが重要なポイントとなります。

 

女性,ひげ,クリーム

女性ホルモンを増やすには?

女性ホルモンを増やす習慣としては、
栄養バランスのとれた食事、良質な睡眠、適度な運動、規則正しい生活リズム、疲労回復、ストレス解消などを心がけた健康的な生活を送るということが大切です。

 

自分の日頃の生活習慣を見直してみましょう。

 

食生活においては、
肉や魚や大豆製品や乳製品や海藻類や卵や野菜や果物など様々な食材を満遍なく食べて、
ビタミン、タンパク質や食物繊維やミネラルなどの栄養素をバランス良く摂取することが大切です。

 

体の巡りを良くするために水分をこまめに補給することも心がけましょう。

 

食材の中でもとくに積極的に摂取すべきものが大豆製品です。
大豆製品に含まれるイソフラボンという成分が女性ホルモンに似た働きをするため、積極的に摂取することでホルモンバランスの乱れを正常に整える効果が期待できます。

 

女性ホルモンを増やすことができれば、自ずと男性ホルモンの分泌を抑制することができます。
男性ホルモンの分泌が抑制されれば体毛が濃くなったりヒゲが生えたりすることがなくなりますし、更年期障害や月経前症候群や生理不順や生理痛を予防できる事もあります。

 

イソフラボンは大豆製品に豊富に含まれている成分ですが、大豆製品が苦手な人や食べる習慣がないという人はサプリメントで摂取するのも良いでしょう。
サプリメントなら日常生活に手軽に無理なく取り入れることができますし、効率的に体に作用させることができます。
積極的な対策に努めてホルモンバランスの乱れを改善させて女性のヒゲの悩みを解消させましょう。